eijiアー写中

伊藤広軌(山下達郎BAND)、宮下智、両氏に師事。
1998年兄弟ユニット『SPANOVA』のサポートとしてキャリアをスタートさせる。
2000年初頭から日本を代表するJAMBAND『DACHAMBO(ダチャンボ)』のベーシストとして8枚のALBUM、2つのDVD作品をリリース。
2005年より『FUJI ROCK FESTIVAL』『RISING SUN ROCK FESTIVAL』に代表される全国数々のロックフェスに出演。
ペインティングユニット『gravityfree』×アウトドアシューズブランド『KEEN』とのコラボマイクロBUSに乗り毎年全国ツアーを行っている。
2010年 5th ALBUM『イロハナ』発売時、Yahoo!!NEWSにて『FES番長』と評される。
アメリカ、オーストラリア(4度)と海外ツアーを成功させ、近年では海外FESTIVALから海を越えたオファーを受けるようになる。
今年開催されるアメリカのBIG PARTY『Oregon Eclipse』ではメインステージに出演がすでに決定。
2012年からは、シンガーソングライターとしての活動を始め4枚のALBUMを発表。
シンガーとしても『FUJI ROCK FESTIVAL’14』『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO』に出演を果たしている。
2016年より、梶原徹也(ex.THE BLUE HEARTS)とリズム隊を組み『FRYING DUTCHMAN』に参加。
またイベント制作者として、2011年のバンド主催『D.I.Y』イベント『HERBESTA’11』で制作、運営、出演の3役をこなし、1万人以上を集め大成功をおさめる。
その後、制作依頼も多く現在は『富山ホットフィールド』などにも携わっている。
 

numazawa_S

Recommendation  by TAKASHI NUMAZAWA

初めてdachamboに出会ったのは数年前の新宿ロフト。

このバンドの誰もが「ダチャンボで~す。よろしくお願いしま~す!」って自己紹介するので一人一人の名前と担当楽器がまるで一致しなかったのをよ~く覚えてるのがこの初めての出会い。

2度目が富士山の麓、森ノ宮オートキャンプ場でのCandle JUNEくん主催のオールナイトでのキャンプ・イベント。

この日関西からライブ直後に車を走らせてそのままここまでやってきた彼らが、到着するなりそのままステージに上がって・・・そして極上のグルーヴを披露。

そしてこのバンドの機動力になっているのが確実にこのベーシストが生み出しているグルーヴなんだとはっきり印象に残った素晴らしい日でした。

ここで「ダチャンボで~す。」のベーシストはエイジくんという名前なのが分かった日。

バンドの全体のサウンドを決定づけるベース・プレイというのは、何の目的のために弾いているのか、という意図がはっきり伝わること、コンセプトが明確であること、楽器を奏でるための技術、経験…etc…それらがしっかりとした意識と姿勢の元に備わっていないと決して成り立ちません。

dachamboのバンドサウンドを決定づけているのが、確実に栄治くんのベースの存在であることは誰が観ても明らか・・・ってことは・・・彼のパフォーマンスはもちろんのこと、彼の言葉に耳を傾けると間違いなくイイ事があるよ、という証なのです。
沼澤 尚 (THEATRE BROOK / blues.the-butcher-590213 / DUB AINU BAND)

沼澤尚オフィシャルサイト